トラベルゲート

新作制作中につき更新頻度下がります

サークルCHARON作品5連発

 4月頭に新作が出ていたので、

久しぶりのフリーゲーム感想でサークルCHARONを取り上げたいと思います。

前回の4作品はこっち

http://travelgate.hatenablog.com/entry/2013/06/22/134141

 

………3年前かよ………

 

 

 

 

f:id:travelgate:20170405173502j:plain

 ☆ヤンデレ

http://www.freem.ne.jp/win/game/5477

 

ひきこもりになっていた主人公・やたろー。

そんな彼を心配する幼馴染、ほのか。

ずっと前に引っ越してしまった女の子、ひなた。

 

f:id:travelgate:20170405174510j:plain

夏休みを機に故郷に帰ってきたひなたを中心に、

かつての3人は懐かしい時間を取り戻す。

しかし、大人になってしまった少年と少女たちの関係は、

少しずつ変わってしまう…

 

f:id:travelgate:20170405174548j:plain

CHARON作品としては比較的長編で、

全ルートを見るには、約一時間かかります。

また、性的・暴力的表現がひときわ激しい作品なので、

その意味でも注意が必要かもしれません。

…つっても、苦手だったらそもそもCHARON作品やらないよね。

 

個人的に日和ったり優柔不断なハーレム系主人公は嫌いなので、

こういうのはキッパリとどちらかを選ぶべきだ、と常々思っているのですが、

このお話に限っては、日和ることが正解だという…

時には波風を立てないことも大事だという教訓でしょうか。

 

f:id:travelgate:20170405175233j:plain

こういう小ネタがあるのもシリーズファンとしてはうれしい

 

いくつか選択肢があるものの

ルート決定に影響するのは、実質一つだけ。

これは『みっくすおれ』と似たような構造ですが、

今回のお話に関しては、

ヒロイン視点で見た時に、

彼女たちにとって大きな意味を持つであろう、やたろーの行動も

展開に影響を(ほとんど)及ぼさない

という、ちょっと軽視できない欠陥があります。

 

あとこれ、露骨に某綿流しのパロディだよね。

特にひなたはどう見てもレ…

 

 

 

 

 

f:id:travelgate:20170405160628j:plain

☆しほりエスケープ

 http://www.freem.ne.jp/win/game/8417

 

6作目にして、満を持して登場のきたろー君。

見覚えのない、薄暗い部屋の中で目覚めた彼は、

歩き回るうちに欠落した記憶を取り戻していく。

 

f:id:travelgate:20170405161135j:plain

なぜ自分はここにいるのか。

この部屋で何が起きたのか。

全ての記憶を取り戻した時、彼の選んだ結末とは…

 

f:id:travelgate:20170405161454j:plain

『み”き”お』と読み違えて、一瞬ギョッとした(ってか絶対関係者だよね?)

 

例によってトゥルーエンドとバッドエンドの二通りあるわけですが、

おまけを見た後だと、果たしてトゥルーエンドが本当の結末なのか?

バッドこそが正しい結末だったのではないか?

などと悩んでしまいますが、

結果だけ見ると、どっちも大して変わんなかった。

人を愛し、愛されるというのは難しいね。

 

 

 

 

 

f:id:travelgate:20170405185537j:plain

☆きみとぼくときれいごと

http://www.freem.ne.jp/win/game/8418

 

主人公・しんたろーは、

知的で謎めいたクラスメイト、あきのに興味を持つ。

とあるCDをきっかけに、趣味の合う親友として、

二人の関係は深まっていくのだが…

 

f:id:travelgate:20170405185920j:plain

ノベル形式で、物語は進む。

Charon作品の中でも異色を放つ作品で、

サスペンスはなく、病んだ人間も出てこず、暴力表現もマイルド。

ただ淡々と過ぎていく時間の中で二人の友情の果てが描かれ、

エンディングを迎える。

 

選択肢は、最後のを除いて完全な飾り。

演出として見ればいいんだけど、

一か所受け答えが不自然になる部分があったのが気になったかも。

 

かなり難解なお話で、

正直なところ、俺は半分も理解できてなかったと思う。

ただ、あきの君の不思議な言動はCHARONのとある作品を思い出させるもので、

さらに容姿もどことなく”彼”に似ている。

見当違いの解釈なのかもしれないけど、

俺は彼のその後ということで脳内補完しました。

 

CHARON作品は、比較的わかりやすいお話が多いので、

その点でも異色と言えるでしょう。 

 

f:id:travelgate:20170405193231j:plain

 一番謎なのがこの一文…

 

 

 

 

 

f:id:travelgate:20170405193352j:plain

☆つきみぷらねっと

http://www.freem.ne.jp/win/game/10507

 

難病を抱え、余命いくばくもない少年・うたろー。

打ちひしがれる彼の前に、つきみと名乗る不思議な少女が現れる。

彼女は自分を宇宙人だと言い、さらにこう付け加えた。

『一つだけ、キミの願いを叶えてあげる』

 

f:id:travelgate:20170405194324j:plain

うたろーが、つきみに願った最後の望みとは…

 

f:id:travelgate:20170405194352j:plain

この作品も、ノベル形式。

ティラノビルダーで制作されていて、UIが充実している。

(動作がちょっと不安定だけど…)

どこでもセーブって、ほんとに素晴らしいものだと思う。

俺がツクール好きなのも、どこでもセーブとF12のおかげが7割くらいなんだよ!

うさはかわいいけど、本音を言えば全作品どこでもセーブにしてほしい…!

 

…それはそれとして、

この『つきみプラネット』は、おそらくCHARON作品で最短。

エンディング3パターンを見ても、10分かからないと思います。

短い中にもCHARONっぽさが詰まっているので、

CHARONを知らないという人に特にお勧め。

 

 

 

 

 

f:id:travelgate:20170405151504j:plain

フルボッコようちえん

http://www.freem.ne.jp/win/game/14467

 

幼稚園生のみたろーくんは、

今日も元気に幼稚園に通います。

 

 

f:id:travelgate:20170405151914j:plain

なかよしの、ことみちゃんと過ごす一日。

楽しい一日になりそうです。

 

f:id:travelgate:20170405152142j:plain

…ごめん、若干ネタバレの範疇かもしんないけど、

ことみちゃんの性格について言及しないと何も語れねーよこのお話!

  

read meにも書いてある通り、

ことみちゃんにひたすら口汚く罵られる、いじめられっ子の受難の物語。

しかしことみちゃんの言葉の端々からは、

自分自身に対する無力感、世の中に対する絶望感を窺い知ることができ、

彼女がやたらとみたろーくんに対して干渉する理由も

どこかみたろーくんに対して共感を抱いているからなのでしょう。

…ただ、幼稚園児って設定からギャグだよね、これ。

無理がありすぎる…!

 

そしてこの作品の要は、トゥルーエンドにあり。

このお話単体だとエンディングの意味がわからない上に、

作者さんがお話の真のテーマとしたであろうことも補完することはできません。

 

サークルCHARON作品を一通りプレイした後で、

この作品に触れることを強く推奨します。

 

 

 

 

なんか若干辛口になったような気がするけど、

CHARON作品は独特の魅力があると思います。

基本的にバッドエンドばかりだけど、

その大半がいびつな愛による破滅という点が、

どことなく共感できるのかも…

なんて言うと危ないか。

 

以前より作品の発表ペースは落ちたものの

コンスタントに新作が出続けているので、

これからもCHARON作品が増えることに期待したいです。

 

 

 

f:id:travelgate:20170405202723j:plain

何故イチゴオーレだけこの顔をチョイスした。